プロフィール

crystalchild

Author:crystalchild
こんにちは
アロマコーディネーター兼パワーストーンアドバイザーの
CRYSTAL CHILD 店長です
必ずみなさんのお役に立てるよう毎日精進いたします

リンク
最近のコメント
BOOKS & RECORDS
welcom
edita.jp【エディタ】
りらくま
いつでも来てください
ぽちっとおしてください
あしあと
簡単おこずかい
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
今日の苦しかった会社での出来事について
今日とても会社で辛い思いをされたかたはいませんか

実は今日私自身がその張本人です。 あっ、でも、暗い話と思わず最後まで読んでくださいね。

今日私は、会社の先輩と二人、常務から、きついお言葉を賜りました。

”あなたのその自信のある態度が、どうも気に食わん。間違ってる。
これちょっとおかしくないかとだれかに注意されたときは、まず自分を信じずに、
自分が悪いと思いなさい。二人ともその性格おかしんちがう?
その性格かえてもらわんかぎりはうちはいらん”

ここで私の心はとても揺れます。

そういう言葉をはっする人のほうがまちがってる

あなた自身のミスや過失を結局下になすりつけてるなどなど、

でもここで一番大切なことは、正論を考えることではなく、・・・・何だと思います?

それは、自分の心を制御することです。

なかなかできるものではありません。しかしどうしても必要なことは、

心のたずなをしっかりとにぎることだけなのです。

厳しいことをいいますと、自分にとっての正論は、組織の下っ端(私)にとって、

また中間管理職にとってもますます自分の首をしめる凶器になります。

ここで、しっかり、心のたずなをとり、平静を保つことが、その状況を救います。




そうして家に帰ってから、また問題が繰り返された場合。

今日起こったとても辛かったり、悔しかった出来事が、頭の中で、ぐるぐるまわりだしたときです。

このとき大事なことは、もう一度、たずなをとることです。

決して悪い方向に考えないようにしましょう。

今日あったことをもう一度思い出して、無理やりにでも、ポジティブに記憶を書き換えましょう。

上書きするのです。

そこではじめて自分の正論をもってきましょう。

”自信を持っていけ”
”必ずむくわれる日がくる”
”そういう自分を卑下するな。これが私の長所であり、
   そういう自信のある人に対して、やはり自分も尊敬する”
”この私は決してミスを犯したからといって、人間的にミスを犯したのではない”
”少しだけ、仕事の面においてだけ、慎重さを身に着けるべし”
”私はとてもすばらしい存在”
”私は絶対に必要な存在”

そのように考えることで、ネガティブに足元をすくわれ、自分を不利な状況においこんでしまうこと

を戦略的に回避しましょう。

それでも心臓のあたりがむかむかするでしょう。

そのときは、深呼吸し、”私は愛されている”と何度も繰り返しましょう。

ミスしてしかられること、激しくいじめられることは、決してあなたが愛されていないのでは

ありません。全く無関係です。ミスはもとより、いじめは逆にいじめる側の愛の不足によります。

私はミスしても、しかられても、いじめられても、愛されるべき存在です。

愛されています。

それが、この世界の望みであり、私の望みでもあり、そして確信で真実でもあります。

どうぞ、それを思い出していただければさいわいだと思います。


スポンサーサイト


現実は厳しいですね。 | 【2008-03-22(Sat) 00:26:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。